FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●おたのしみ弁当
神奈川県・小田原駅を拠点とする『東華軒』さんのロングセラー。
過去に復刻版を紹介してますが、今回は現行販売Ver.を紹介します。
otanoshimi-bento
otanoshimi-bento
掛け紙。
紐で結わえるスタイルは手間がかかると共に技術が要るため
一部を除きわずかしか見られません。

otanoshimi-bento
フタは経木ですが容器本体はスチロール製。

otanoshimi-bento
全景。東華軒の駅弁は首都圏だとNRE系駅弁売店や
小田急線売店(新宿駅など)で売られてますが、
H29年2月よりJR横浜駅構内での販売が開始されました。
数年前に相鉄&JR駅構内の販売から大船軒が撤退して以来の
2社競合となりました。(もちろんもう1社は崎陽軒)

otanoshimi-bento
ごはんは日の丸スタイル。小田原は梅の栽培(当然梅干しの生産も)
が有名ですが、このカリカリ梅が小田原産かは不明。

otanoshimi-bento
椎茸・人参・チクワの煮物に大根の醤油漬物。

otanoshimi-bento
焼鮭塩焼き/蒲鉾/卵焼きの黄金トリオ、西湘を感じる鯵フライ
(ただし非常に油っこい)、同社の隠れた名物・シュウマイが入ります。
神奈川県で駅売りのシュウマイというと崎陽軒のシウマイが有名ですが、
こちらは崎陽軒のと比べクセが無く、人によってはこっちの方が好きかも。
(そういえばシュウマイは東京駅の『駅弁屋祭』で取扱いを)

otanoshimi-bento
煮豆(金時豆)と同じく同社の名物・鳥と筍のそぼろ。
そぼろは独特のとろみと酒粕?の風味があります。



【お値段】880円
【おすすめ度】★★★と半分
【タグ】《ロングセラー》
【製造業者】東華軒(神奈川県小田原市)
【備考】
前述のとおりJR横浜駅のキヨスクで購入。

目を閉じれば三角屋根の小田原駅舎、
新幹線は丸鼻の0系のみしかなく、
東海道線には113系と斬新なデザインの185系、
朝夕にはEF65牽引のブルートレインが行き交い、
小田急線のロマンスカーといえばNSE、登山電車も強羅から乗り入れてました。
大雄山線は『お古のお古』であった旧型車が最後の活躍・・・

・・・と昭和の國鐵時代を良くも悪くも思わせる駅弁です。
(丁稚もギリギリ覚えてる幼少時代w)
評価は星3.5個。



さて、お店の情報も。
タマトイズさんの人気商品だった『おとこの娘だってカワイイが好き!』
#4&#7が再入荷しました。
tmt548 tmt548
tmt-470
tmt-470 tmt-470
それぞれ残念ながら昨年廃盤・販売終了となりましたが、
若干数"発掘"された模様です。

すでにメーカー在庫もわずかですので、入手できるうちにどうぞ。
お値段は¥3,670-(Gカード等の割引対象外)です。

※こちらは在庫がわずかのため店頭販売のみです