FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●元祖特撰牛肉弁当
三重県・松阪駅を拠点とする『あら竹』さんのロングセラー駅弁。
「元祖」の名の通り、牛肉系駅弁のパイオニアで昭和34(1959)年から
販売されてます。
ganso-tokusengyuuniku
ボール紙の入れ物。写真はイベントで差し替えることがあり、
今回はJR西日本の『DD51+あすか』でした。
(現地でも購入者向けに十数種類もの鉄チャン向け掛け紙を用意してるとのこと)
ちなみに通常のパケは幾何学模様な牛のイラスト。

ganso-tokusengyuuniku
ganso-tokusengyuuniku
全景。内側にプラ容器をハメます。

ganso-tokusengyuuniku
ごはんは『日の丸』スタイルで、毒々しい色の梅干しが載ります。
(持ち帰り途中でタレが動いた=かかった模様)

ganso-tokusengyuuniku
メインとなる焼肉は松阪駅だから松阪牛・・・ではありませんが、
長年取引してる現地業者から卸した黒毛和牛を使用。

以前は『松阪牛』を謳ってましたが、'02年より『松阪牛』を名乗ってよい基準が変更され
以降は『黒毛和牛』と称する肉になったようです。
(名乗れる生産地域が狭まったが、肉質の良し悪しについては下に範囲が広がっている)
様々な工夫により冷めた状態でも程よい固さで、濃厚なタレも嫌みがありません。
何より他でありがちな《冷えて固まった脂身》が無いのが意外。

ganso-tokusengyuuniku
付け合わせはかまぼこ、ごぼう煮、昆布佃煮、
「いかにも市販品」なフライドポテトと桜漬け。
(本来なら蓮根煮がついてるが"つまみ食い"された模様w)


【お値段】1350円
【おすすめ度】★★★★
【製造業者】新竹商店(三重県松阪市)
【タグ】《》《ご当地》《ロングセラー》
【備考】
京王百貨店『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』で購入。
他とあわせて実家で食べました。
S34年の発売当初はそれこそ『超・高級駅弁』とされてましたが、
時代が経つにつれて駅弁としては普通のお値段(むしろ割安?)に。

前述の通り『駅弁として冷めた状態でもおいしく食べられる』を考慮して
作られており、今回も加熱なしで食べてます。
ただ父母からは『付け合わせが安っぽい』という贅沢な意見も。

評価は星4つですが、現地では運がよいとできたてを買えるとのこと。
(松阪駅で指定列車への受け取りも可)
何より現状にあぐらをかかず少しでも《ウケる・売れる》弁当をとの
心意気こそ評価対象にプラスすると共に、
機会があれば現地で是非!と思わせるポテンシャルを感じます。



さてお店の情報も。
コスメイトオリジナル『紺プリーツスカート』が再入荷しました。
wbb-016
シンプルな紺無地×クルマヒダ仕様。

実際の学生服・スーツ等にも使用される高品質ウール混生地を使い
国内の提携工場(制服工場)で製造しました。
コスプレ用のペラいものとは質感が全く異なります。

今回はW65cm/プリーツ丈35cmのものが入荷、¥8,800-です。
『コスメイトアキバWeb』通販はこちらからどうぞ↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/002003000030/