FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●にしんおやこ
今回の旅行での購入・第2弾。
北海道・日本海側に面した留萌駅の駅弁です。
nishin-oyako
nishin-oyako
紙箱にプラ容器(ボール紙だったかも)をはめこんでます。
作り置きなし(予約制)のためかガチガチな包装ではありません。

nishin-oyako
全景。

nishin-oyako
親子の『親』・ニシンは骨まで煮込まれてます。
まぁご覧になって想像どおりの味です(褒め言葉)。
留萌は炭鉱と合わせてニシン漁やその出荷でも栄えた街ですが、
現在は他の多くの地方自治体と同じような「お 察 し く だ さ い」になってます。
(そのためバス会社がネタに走ったりするのだろうと)

nishin-oyako
『子』である数の子は2切れ。
他社製品や都会で売られてる塩ッ気の強いものでなく薄味なのが
その品質への自信を表してるかのようです。
右下の赤いものは生姜漬け。

nishin-oyako
ごはんは一般的な白飯、たぶん。
原材料に関する表記がないため地元産かどうかは不明。

nishin-oyako
そして山菜水煮と焼き?かぼちゃ。
海鮮系にカボチャを合わせるのはユニークですが、
不思議とミスマッチではありませんでした。


【お値段】890円
【おすすめ度】★★★★★
【タグ】《要予約》《ご当地》《地産地消》
【製造業者】不明
※駅弁パケには記載なし
※Wikipediaなどの情報では留萌市内の『北海コーポレーション』が製造とあり

【備考】
留萌駅構内の立ち食いそば屋で予約&購入。
今や高級品の代名詞ともいえる数の子・ニシンを安価に味わえる一品。
『予約しないと買えない・知る人ぞ知る』というプレミア感も惹かれます。

味については前述のとおり予想を超える出来でした。
しかしパケに原材料や製造業者名が載ってないのが残念。
仕出し弁当や立食いソバ屋の持ち帰りには記載がないのと
同じ理由でしょうか?
今はネットで調べられるとはいえ、リスク回避の為にもそういった情報は
入れるべきでないでしょうか?
関係ない所にクレームがいかないためにも)
それでも応援を込めて評価は星5つ。

報道の通り留萌本線は'16年12/4に留萌より先(~増毛)が廃線、
また残りの深川~留萌間も廃線が検討されている厳しい状況ですが、
(高速道も街の近くまでできている)
この駅弁を購入の際は鉄道で訪れることをお勧めします、
入手する感じるありがたみが違いますから。(個人差有り)



さて、お店の情報も。
ロングセラー品の『スーパーウェット生地競泳水着』
そして前から見る分には同じようにみえる(意味深)
『スーパーウェットTバック競泳水着』が再入荷しました。
wbb-2733-6.jpg
wbb-2833
↑さて、どっちがどっち(Tバック/ノーマル)でしょうか?

今回はノーマル型(wbb-2733):紺/3L、Tバック(wbb-2833):紺/M・3L
が入荷してます。
Web通販『コスメイトアキバWeb』でもご注文を承っております。
あわせてどうぞ。