FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●三陸秋刀魚岩手箱
おなじみNRE(日本レストランエンタプライズ)さんの駅弁。
JR東日本・盛岡支社「いわて食材発信プロジェクト」の一環として2年前に
販売を開始しました。
名前のとおり、今ではすっかり『お高く』なったとも言われるサンマを使った
一品です。
iwate-bako
輪ゴム留めの掛け紙。
農林水産省主催の『FOOD ACTION NIPPON』2015年度商品部門(食品産業分野)にて
優秀賞を受賞した旨のシールが貼られてます。
(受賞は他のNRE駅弁2種とのSET)

iwate-bako
入れ物は竹製の網かご。
蓋が分厚いため、器の部分はひとまわり小さくなります。

iwate-bako
iwate-bako
全景。内トレーとして笹の葉が使われてます。
三陸産サンマは3種類の調理で2巻ずつ入ってます。
右側にお品書きの巻物が入っており、実際に寿司が入ってるスペースは
さらに一回り小さく・・・。

iwate-bako
iwate-bako
iwate-bako
お品書き。盛岡のホテルメトロポリタン(←これもJR東系)の総料理長が企画
したとのこと。

iwate-bako
前述のお品書きに従ってお勧め順に紹介。
『〆秋刀魚蓮根のせ』:赤しそで巻かれたサンマに蓮根の甘酢漬けを
載せた一品。後述の2つも含めコメは岩手県産『ひとめぼれ』を使用してます。

iwate-bako
次に『焼き秋刀魚ほろほろ磯辺』:出汁に漬けたサンマを焼いたものに
岩手の特産『弁慶のほろほろ漬け(野菜刻み漬)』を添え、おぼろ昆布で巻いたもの。

iwate-bako
最後に『秋刀魚有馬煮』。山椒を効かせたサンマ甘辛煮を桜葉で包んでます。
なお最初の『〆秋刀魚』とこれは岩手県岩泉町産のわさびを入れてるそうですが
気付きませんでしたw 


【お値段】950円
【おすすめ度】★★★★
【タグ】《地元産》《入れ物》
【製造業者】日本レストランエンタプライズ・仙台支店(仙台市宮城野区)
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
「地産地消」は叶っており、味もGOOD。
ゴミとして出す際の環境負担も小さいのもプラスです。
駅弁という食べる場所・時間・保存などに大きな制限のあるアイテムを
うまくまとめたと思うのですが、量・値段でどうしても割高感がありますね・・・。
(現地の寿司屋やレストランで食べた方がというのは野暮ですが)
評価は星4つ。

さて、お店の情報も。
先日ご案内した『旧々型風スクール水着』通販取扱い
始めました。
old-sukumizu
old-sukumizu
お尻側までダブルになってるタイプです。

今のところ姉妹店では『コスメイトアキバWeb』のみの扱いです。
下記リンクからどうぞ↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/000000001276


※予告なく取扱いを中止・終了する場合がございます