FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。
お、B編成ぃ~

今回は旅行時に購入した駅弁の紹介を3回に分けて紹介します。
(連続とは言ってない)

では、今回の一品↓
●御弁当(幕の内)
まずはシリーズ初・沼津駅&三島駅を拠点とする『桃中軒』さんの駅弁。
numadu-makunouchi
レトロ感あふれる掛け紙は海(湖?)にも映った富士山。

numadu-makunouchi
入れ物はフタを含め経木。

numadu-makunouchi
全景。

numadu-makunouchi
俵型にされたご飯は梅干し(カリカリ梅)が載った日の丸スタイル。
毒々しいまでの赤色を含めてノスタルジーが。

numadu-makunouchi
numadu-makunouchi
おかず陣は左より牛肉&筍角切りの煮物、焼きサバ、かまぼこ、玉子焼き、白身魚フライ。
牛肉はご当地の「あしたか牛」を使ってるそうですが乾燥気味。
筍は崎陽軒の「シウマイ弁当」のと似てますが、こちらの方が大きくカットされてます。

numadu-makunouchi
鶏唐揚げ、漬物、静岡のわさび漬けがアクセント。



【お値段】780円
【おすすめ度】★★★★
【タグ】《王道》
【製造業者】桃中軒(静岡県沼津市)
【備考】
三島駅ホーム売店で購入。
まさに王道を往く幕の内駅弁。全体的に地味(よく言えばいぶし銀)ながら
わさび漬けなどご当地モノを入れてるのもポイント高し。
桃中軒さんに限らず静岡県の駅弁業者は駅弁大会などでの首都圏への出展が
ほとんど無いようなので(「駅弁屋祭」でもめったに見かけず)、
「ぜひ現地で買ってね」という意向なんでしょうか?(それとも葛西帝国の圧力?)
評価は星4つ。

道中は合計十数本に追い越され・・・
今回はEX予約にてこだま号限定の割引を使いました。
停車するたびに5~6分止まるので(一部除く)、予算と腹に余裕があれば他駅のも(^^; 



さて、お店の情報も。
肩に入ったラインが特徴的なトンボ#46305体操着
再入荷しました。
46305-89
紺/S~3L¥4,100-です。
一時期よりマシになったものの入荷が安定しないので、
(常にストックがあるわけでない&頼んでもすぐ来ない)
ご希望のサイズがありましたらお早目にどうぞ。