FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。

では、今回の一品↓
●あなごめし(宮島口)
誕生は明治30年、広島県・宮島口駅の老舗『うえの』さんの名物駅弁。
なかなか首都圏で買える機会がないのですが、まさか横浜で買えるとは・・・
(京王百貨店の駅弁大会でも瞬殺するほどの人気品)
*同名の商品が多いため駅名を入れてます。実際の商品名には駅名は入ってません。
 なお購入は2月です。UP忘れてた・・・

miyajima-anagomeshi
miyajima-anagomeshi
ひもで掛け紙を結わえるクラシックスタイル。
掛け紙は何種類かあり、こちらは大正後期のものだそうです。

miyajima-anagomeshi
こちらは初代(明治時代)のラベル。

miyajima-anagomeshi
全景・・・というか『あなごめし』の全て。
経木の入れ物に穴子が敷き詰められてます。
程良い甘口のタレに漬物がアクセント。

miyajima-anagomeshi
穴子は蒸したりせず焼くだけ。良質な穴子はそれでOKなのだとか。
事実、硬さはなくとろりとほぐれ上品にタレがしみた味わいです。
以前は瀬戸内(広島)産のを限定使用してたそうですが、現在は品質を保つため
対馬・韓国産のも状況により併用しているとのこと(うえのHPより)。

というのも、過去に広島産にこだわるあまり品質の悪いのを使い
評判を落とした事があったためだそうです。

【お値段】1720円*
【おすすめ度】★★★★★
【タグ】《伝統》
【製造業者】うえの(広島県廿日市市)
【備考】
横浜高島屋の物産展で購入し実家へ持ち帰り。
『現地からの輸送もの』の宿命からか本来の味ではなかったのでしょうが
それでも高レベルな仕上がりです。
前述のとおり2個購入し、1個はそのまま・もう1個は電子レンジで加熱して
食べ比べました。

そのままの方はやや時間経過によるパサつきがあったものの許容範囲。
加熱したものの方が親を含め「うまい」と一致。温めたことで程良く水分が
戻ったようです。経木の器の威力、侮れん。
評価は星5つ。

なお穴子はうなぎと異なり現在も養殖できず、国内(特に瀬戸内)では
収穫減に加え後継者不足が問題になってるそうです。
うえのさんも穴子の研究機関に協力してるのですが、
単純に乱獲を控えれば増えるという問題でないところが心配です。

*H28年4月より約200円値上げとのこと



さて、お店の情報も。
今や定番となったOK-LABさんの『インナーストッキング』シリーズ
再入荷しました。
ペニスト着用例
↑ノーマル型着用例

ok-lab
ok-lab
ok-lab
今回はノーマル/前カバー付き/性リバーシブルパンツ 各Mサイズです。
Web通販『コスメイトアキバWeb』でも即納できますので、あわせてどうぞ。