FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の駅弁紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●復刻おたのしみ弁当
神奈川県・小田原駅を拠点とする老舗『東華軒』さんのロングセラー駅弁の復刻版。
鉄道の日(10/14)を記念したイベント期間限定で、今回紹介するのは昭和35年頃のをモデルにしているそうです。
※現在は販売を終了してます
hukkoku-otanoshimi
↑掛け紙にはS35年5月に復元された小田原城が描かれてます。
なお東海道新幹線の開業はこれからさらに4年半(S39年10月)後。当時は在来線にも数多くの特急・急行が通り、駅も賑わったことでしょう。

hukkoku-otanoshimi
↑入れ物はフタを経木、器をスチロールでつくってます。安っぽくてちょっと残念。

hukkoku-otanoshimi
↑全景。
いわゆる『幕の内弁当』なのですが、お客様に楽しみにしてもらえるようなものを目指すため「おたのしみ弁当」という名称にしているとのこと。

hukkoku-otanoshimi
↑ごはんは白飯&梅干しの『日の丸スタイル』
小田原は梅干しも有名ですが、この梅干しの産地は不明。
経木のふたのおかげで、適度な水分を保ってます。

hukkoku-otanoshimi
↑おかず。
経木でも海老天はべちゃっとなってしまってた…

hukkoku-otanoshimi
↑ここからはエビ天をどけて紹介。
玉子焼き・かまぼこの黄金コンビ、鰆の照焼き、鯵フライ、煮シイタケ、そして意外や意外!?の東華軒名物・シュウマイ。
玉子焼きはひじきが入りやや粗めの舌触り(家で作るような感じ)。魚2種類がパサパサなのが残念。

hukkoku-otanoshimi
↑たくあんと筍角切り&グリンピースが入った甘めの鳥そぼろは現行Ver.にも入ってます。
デザートはオレンジなのですが、S35年時点でオレンジって普及してたんですかね…?
(小田原名産・みかんの代用品の可能性?)

【お値段】850円
【おすすめ度】★★★と半分
【製造業者】
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』のイベントで購入。(10月購入。現在は販売してません)
良くも悪くも手堅く『普通』。
値段は駅弁としては安いものの、同価格帯の駅弁と比べるとやや粗があります。
こういうイベントでないと進んで買わない内容ですが、シュウマイなど同社の定番品がさりげなく入っているのと前述の玉子焼きでちょっと評価を上げてます。


さて、お店の情報も↓
スク水大手・トップエースさんのAラインスクール水着AS-600が再入荷しました。
今回は最大サイズ・5Lです。
as600
↑競泳水着系のツルツル生地を使用

受注生産品のため売り切れ時はご容赦ください。
Mサイズ¥5800
3L・5L¥6300

※3Lは現在売り切れ。Mサイズは若干ございます