FC2ブログ

「秋葉堂・純/ワルキューレ&プティッシュ」東京・秋葉原のコスチューム&制服買取・販売店

世界のCNNニュースより無断取材&偏向・捏造報道を受けた(怒)、秋葉原駅電気街口より徒歩1分・浪漫が詰まった高架下の隠れ家です。※18歳未満・高校生および性的・フェティッシュなものを嫌悪している者の入店禁止

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●KOBEワインステーキ弁当
兵庫県神戸市を拠点とする『淡路屋』さんの駅弁。

kobe-wine-steak
kobe-wine-steak
紙箱は神戸の夜景と『※イメージです』を組み合わせたパケ。
ステーキのたれに神戸産ワインを使用してるから『KOBEワインステーキ』
なのでしょうか?

kobe-wine-steak
フタを開けると再び『※イメージです』。

kobe-wine-steak
全景。箱の中に紙箱を組み込んでます。

kobe-wine-steak
メインのステーキは『国産牛』とだけ表記。
さすがに神戸牛は無理か・・・
肉はウェルダンに焼けてます(駅弁なので常温だが)。
前述のタレは肉に漬けてる模様で液ダレしないように考慮されてます。

kobe-wine-steak
付け合わせにジャガイモと人参。

kobe-wine-steak
ほうれん草炒めにピクルス。


【お値段】1250円
【おすすめ度】★★★と半分
【タグ】《ご当地》
【製造業者】
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
実はこの商品淡路屋HPには表向き載ってません。
ググったら出てきたのですが『神戸ワインステーキ弁当』となってました↓
2017-02-26_18h16_35.png
これは『神戸ワイン』という名称が引っかかったと推測。
(『神戸ワイン』は特定団体が作るワインの名称のため)

さて肝心の駅弁ですが上手く仕上がってます。
そう、『洋食屋のステーキ』のイメージ。
神戸牛を出す高級レストランとまではいかなくとも、
それっぽい"ふいんき"は十分出てます。
評価は星3.5個。



さて、お店の情報も。
コスメイトオリジナル品の一角を占めるようになった
『スーパーウェット生地長袖セーラーレオタード』
再入荷しました。
wbb-9566
wbb-9566

今回は王道を往く紺色タイプ(wbb-9566)が入荷してます。

お値段は¥25,920-『コスメイトアキバWeb』通販もご利用ください↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/000000001293
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●上州牛肉弁当
群馬県・高崎駅の『たかべん(高崎弁当)』さんの駅弁。
jyousyuu-gyuu
ボール紙のスリーブに器を入れるスタイル。
牛型のくり抜きがのぞき窓に。

jyousyuu-gyuu
お品書きもパケに書かれます。
『上州牛』は名称の通り上州=群馬県下で育てられ
かつ一定以上の評価を得たもので、
和牛および交雑牛(和牛×乳牛)の総称とのこと。

jyousyuu-gyuu

jyousyuu-gyuu
全景。

jyousyuu-gyuu
jyousyuu-gyuu
『上州牛』は2種類の調理。まずレア気味のステーキは低温でじっくりと、
しぐれ煮はワインを入れてるとのこと。
ステーキは柔らかいとまでいきませんが、ちゃんと噛み切れる適度な固さです。
赤ピーマン・インゲン・人参が彩を添え、錦糸玉子が敷かれます。

jyousyuu-gyuu
つけあわせにはマイタケ佃煮(群馬産)、野沢菜、ガリ。
刻みが使われることが多い野沢菜をこう入れるのはユニーク。



【お値段】1200円
【おすすめ度】★★★★と半分
【タグ】《地産地消》
【製造業者】高崎弁当(群馬県高崎市)
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
以前も挙げた通り、牛肉系駅弁はすでに飽和状態。
『駅弁屋』にも全国より数多くのものが並べられてます。

そんな中で『多数の中の1個』とはなってるものの、
肉のボリュームと値段とのバランス、冷めた状態で食べる駅弁の
特性を掴んで作られてるのは好印象。
またステーキも濃厚なソースドバーでなくシンプルにしてるのもいいです。
地元産の使用もあるので評価は星4.5個。



さて、お店の情報も。
ご好評につき『ウレタンヒップパッド入りパンツ』を再び入れました。
hippad
※今回の入荷分はM・Lサイズとも写真右側のタイプとなります


今回はベージュを多めに入れてますが、欠品時はご容赦ください。
お値段は¥2,700-、詳細は過去の記事をご覧ください↓
http://vpvp.blog80.fc2.com/blog-entry-2451.html
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●PLAY TABLE Bento 南仏風ブイヤベースごはん弁当
大塚食品×NRE×大船軒のコラボ弁当『PLAY TABLE Bento』シリーズ。
大塚食品の『シンビーノ・ジャワティ』に合う"オサレな駅弁""世界旅行"
という共通のコンセプトだとか。
buiya
掛け紙をテープで留めます。
商品写真はありませんが(POPに写真がある)お品書きが記されてます。

buiya
スチロール容器は過去シリーズと同じサイズ。
今回のテーマは南フランス

buiya
全景。左にごはん・右におかずの配置も同シリーズでおなじみ。

buiya
ごはんはブイヤベースで魚介入り、ただし具だくさんとは云えない程度。
オリーブの実が添えられます。

buiya
おかずも南欧風にそろえられてます。

buiya
白身魚もごはんと同じくブイヤベース煮。ジャガイモが添えられます。
南欧でブイヤベースとよく併用されている辛口ソース『ルイユ』*
でどうぞ。
*すりつぶした唐辛子・ニンニクをオリーブ油と混ぜたもの


buiya
保存食としても使われる鶏肉のコンフィ(油煮)、
タラはジャガイモ・牛乳と共に仕上げたプランタード(ペースト)、
千切りされた人参はラペ(酢漬けサラダ)、茄子・ピーマン・玉ねぎは
ラタトゥイユ(トマト&香草で煮たもの)に。・・・舌噛みそうな名前ばかりw
それぞれ南欧の家庭料理をイメージしたものになってます。


【お値段】1100円
【おすすめ度】★★★★
【タグ】《コラボ》《限定》
【製造業者】大船軒(神奈川県鎌倉市)
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
駅弁で洋風というとハンバーグや揚げ物など『洋食屋さん』を
連想させるものが多い中で、南欧という駅弁不毛のネタを選んだ
チャレンジ精神はさすが。
駅弁ギョーカイだけではなかなか思いつかないネタです。

ただニンニク等ニオイが強いを使ったものが多い為、
職場の昼食用に買うものはオススメできませんw
またスイーツ()層ウケを狙ってるようにみえますが、
これって女性が買ってるんですかねぇ・・・?
評価は星4つ。

なおH28年10月からの限定販売で販売は終了(別のが登場)、
またシリーズのお約束として『ジャワティ』(500ml)がつきます。



さて、お店の情報も。
当社別注で企画した小松ニットNo.20800水着(白×青×桃)
追加分が入りました。
komatsu20800wh
komatsu20800wh
komatsu20800wh
今回は5Lサイズのみ入りましたが、
すでにご予約を多数頂いており店頭分はわずかとなってます。
売切れ時に再生産できないこともあるため、
お求めはあるうちにどうぞ。

お値段は¥9,800-(3L・5Lサイズ。Mサイズは¥8,800-)です。
詳細および通販は『コスメイトアキバWeb』内をご覧ください↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/000000001342



こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●熱海来福幕の内
神奈川県・小田原駅を拠点とする『東華軒』さんの新作駅弁
(H29年1月に販売開始)。
静岡県東端にあたる熱海市(熱海駅も東華軒の営業範囲)のパワースポット
『来宮神社』の神事に使われる食材を使ったとのこと。
atami-raihuku
atami-raihuku
atami-raihuku
掛け紙は来宮神社をはじめとする熱海の観光スポットをあしらってます。
某氏が「差別!外国人に誤解を与える!」と騒いだ『お宮の松』像も。
なお当の『外国人』はそこまで差別とは考えてない模様w


atami-raihuku
来宮神社の神事と言い伝えについて。
『橙(だいだい)』『麦こがし』『百合根』がこの駅弁に取り入れられてます。

atami-raihuku
経木のフタですが容器本体はスチロール製。

atami-raihuku
名称の通り幕の内スタイルの全景。
入れ物は仕切りを含め同社の定番幕の内『おたのしみ弁当』
現行品と共通のようです。

atami-raihuku
俵型ごはんにゴマ・カリカリ梅の『日の丸スタイル』。
小田原は梅干しが有名ですが、小田原産かは・・・?

atami-raihuku
漬物(桜漬け・わさび風味菜)、鶏唐揚げ。
唐揚げは橙(だいだい)酢和えにしてます。

atami-raihuku
野菜(人参・フキ・椎茸)&玉こんにゃく煮物、
そこにあるつけ爪みたいな白いのが百合根(言われないと気付かないw)、
玉子焼き&蒲鉾の黄金コンビ、イカ焼き、金目鯛照焼き、
チクワ天ぷらは梅肉入りとなっており、西湘を感じる内容に。

atami-raihuku
同社の駅弁では御馴染の鶏肉と筍のそぼろ煮、
デザートに『麦こがし』と餡をかけた白玉がつきます。


【お値段】1080円
【おすすめ度】★★★★
【タグ】《ご当地》
【製造業者】東華軒(神奈川県小田原市)
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
見た目は普通の幕の内なので、
掛け紙が無いと「なぜその内容?」と判ずるのが難しいですが、
それぞれ「なるほどなるほど」とバックストーリーを考えながら
食べるのがお勧めかと。
…なおそんな面倒なことできるか!な方には普通の幕の内駅弁って
ことになりますがw

ご当地性を評して評価は星4つ。



さて、お店の情報も。
当社別注『マツウラNo,600』ブルマパープルVer.
再入荷しました。
matsuura-600pp
matsuura-600pp
今回はM・L・3Lが入荷してます。
欠品時はお時間を頂戴しますので、在庫があるうちにどうぞ。

別注色はS~Lサイズ¥3,020-、3L・5Lサイズ¥3,560-です。
『コスメイトアキバWeb』通販はこちらからどうぞ↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/000000001328

こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●いくらかずのこ弁当
網走駅の老舗『モリヤ商店』さんの駅弁。
ikura-kazunoko
ボール紙のスリーブ入り。
『駅弁』マークが入ってますが、現地での販売は不明。
(イベント出展用では?との情報があります)

ikura-kazunoko
脚がついたスチロール容器&透明のふたに入ってます。
以前紹介した別の駅弁ほど(これとか)露骨ではありませんが、
脚の分だけ底上げ。

ikura-kazunoko
全景。白飯を覆い尽くす具材。

ikura-kazunoko
ikura-kazunoko
数の子の塊は一本ですが、
そのほぐし身がぎっしり敷き詰められてます。
なお箸では非常に食べづらい…

ikura-kazunoko
いくらは・・・まぁご想像通り可もなく不可もなく美味い。
柴漬けはいかにも市販品。



【お値段】980円
【おすすめ度】★★★★と半分
【タグ】
【製造業者】モリヤ商店(北海道網走市)
【備考】
京王百貨店『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』で購入。
本州で同等の駅弁が千数百円(しかも量が少なかったり)する中で
千円でお釣りがくる&見た目がケチケチしてないのは好印象。

でも時刻表に載ってない駅弁なのでイベントなどへの『出稼ぎ』用なのかなぁ?
(現地だけでの売上じゃあまりに厳しいので致し方ありませんが)
評価は星4.5個ですが、5個を狙えるポテンシャルなのは確かです。



さて、お店の情報も。
欠品しておりましたコスメイト『2way生地レギュラーショーツ』(wbb-29)
『綿スムース生地ブラ&ショーツSET』(MA-6)が再入荷しました。
wbb-29wh
wma-06wh
どちらも当社のロングセラー品です。

コスメイトアキバWeb通販は下記からどうぞ。
『2wayレギュラーショーツ』↓
今回はLLサイズが入荷してます
http://cos-akiba.com/shopdetail/005001000015/
『綿スムース生地ブラ&ショーツSET』↓
今回は3Lサイズが入荷してます
http://cos-akiba.com/shopdetail/005001000089/
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。

本日4/10は『駅弁の日』となっております。
*4/10に登場したのではなく《『弁』の字が"4と十(=とう)"でできてる》
というごろ合わせ


業者によっては記念駅弁を売り出してるところもありますが、
今回は先日食べた駅弁を紹介します。


では、今回の一品↓
●きつねの鶏めし
神戸市を中心に京阪神間に展開する老舗『淡路屋』さんの駅弁。
こちらの駅弁は京都の景勝地を走る嵯峨野観光鉄道(トロッコ列車)との
コラボ品とのこと。
kitsune-torimeshi
きつねのお面を模した掛け紙。
この駅弁の発売は昨夏('16年7月)とのことで、'17年3月発表の
『ふるさと名品オブ・ザ・イヤー』こだわりの駅弁部門を受賞したとのこと。

kitsune-torimeshi
紙製の入れ物はコンパクトですが、持ってみるとズッシリ。

kitsune-torimeshi
『嵯峨野トロッコ列車』の案内が同封されてます。
トロッコ列車はもともと山陰線として使われてましたが、
電化&複線化に伴いルート変更が行われ、景観地を走る旧線を
'91年春に観光用列車として再利用された経緯があります。
(ちなみにTVゲーム『電車でGO!』の1作目にも収録されている)

kitsune-torimeshi
kitsune-torimeshi
独特の風味と辛さがある原了郭『黒七味』が添えられます。
(過去にネタにしましたが、黒七味は登録商標されてます)
行楽を考えてかおしぼりが付くのはありがたいですね。

kitsune-torimeshi
全景。ごはんは全体に敷かれてます。

kitsune-torimeshi
『きつね』なので油揚げ、鶏団子、山菜、人参と
九条葱(うま煮)、すぐき漬けのご当地アイテムも。

kitsune-torimeshi
ごはんは炊き込み(おこわ?)になってます。
味付けはおかずにあわせて程よい薄さ(濃さ)です。

kitsune-torimeshi
軽くタレが載せられた鶏肉うま煮が入ります。
プラ製の笹仕切りは余計かな?


【お値段】850円
【おすすめ度】★★★★★
【タグ】《地産地消》《入賞》
【製造業者】淡路屋(兵庫県神戸市)
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
前述のとおりご当地性が強く、かつ単価が安い&小さい容器のためか
こちらでは初めてみた商品。("ラスイチ"を入手)

大きさ・値段から軽食なのかな?と思いましたが
充分お腹を膨らませられる『弁当』でした。
メーカー側では「列車内で食べる」前提で作ったとしながら
持ち運び(沿線はハイキングコースでもある)にも適したサイズなのがマル。
『ご当地』『地産地消』、そしてお値段もお手頃で評価は星5つ!
こういう『駅弁』こそこちらに来てほしいものです。



さて、お店の情報も。
ぱお~んと人気の『ぞうさんパンツ』が再入荷しました。
wbb6448
※着用例(製品につきましては『筒』の部分に芯・ワイヤは入ってません)

伸縮性豊かな2way生地を使った男のための(意味深)パンツです。
今回はM・LLサイズが入荷、¥2,700-です。
(5Lサイズ¥3,240-も在庫有り)

『コスメイトアキバWeb』通販はこちらからどうぞ↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/005001000009
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●佐賀牛ロースステーキ&カルビ弁当
佐賀県・武雄温泉駅『カイロ堂』さんの駅弁。
(カメラの性能&設定上、茶色みがかった色合いになってます)
sagagyu-karubi
掛け紙。『カイロ堂』HPにはこの商品の記載がありませんが、
同社の佐賀牛駅弁は'12~14年までJR九州『九州駅弁グランプリ』にて
3年連続優勝しています。

sagagyu-karubi
入れ物はスチロール容器に透明蓋。

sagagyu-karubi
全景。すでに冷めてますがいいにおい。
そして駅弁としては肉が厚く切られてます
※ちなみに再加熱せず食べてます

sagagyu-karubi
ロースステーキはレア気味になってます。品質への自信でしょう。
"みょ~ん"とした歯ごたえですが、噛み切れないなんてことはナシ。
脂がジワぁ…と染み出る感触は普段味わえないものです。
(冷めてるのでなんだかローストビーフみたい)
カルビも普段食べてるようなのより上品な味(脂・肉汁とも)でした。
何より家で焼くのだと「ペラペラ」なのが多いからなぁ…

sagagyu-karubi
付け合わせは桜漬け、きんぴら蓮根、なます。


【お値段】1998円
【おすすめ度】★★★★と半分
【タグ】《地産地消》《ブランド》
【製造業者】ナチュラルフーズ(長崎県武雄市)
【備考】
京王百貨店『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』実演販売で購入。
『カイロ堂』を経営するナチュラルフーズさんは佐賀県下に肉屋・
佐賀牛レストランを持っており、佐賀肉の目利きに自信があるとのこと。
さすがにこの値段だと「じゃあレストランへ」と素人の私には感じてしまいますが、
逆に「レストランだとその倍を取られる」くらいの高級品なのだとか。

評価は星4.5個。
なかなかこういうのを食べられない・一人でレストランに入るのに
躊躇する方にはオススメです。



さて、お店の情報も。
長期欠品しておりましたコスメイト『マットウェット生地3分丈スパッツ』
が久々に再入荷しました。
wbb-7860-2.jpg
wbb7860
独特の質感が特徴で、生地のぴっちり感もお楽しみ頂けます。
今回は紺/M・3Lが入荷、¥3,800-です。

『コスメイトアキバWeb』通販はこちらからどうぞ↓
http://www.cos-akiba.com/shopdetail/017000000030
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●鶏照焼き重
東海道新幹線沿線のジェイアール東海パッセンジャーズ(JRCP)さんの駅弁。

jrcp-toriterijyu
パケはJRCP標準の「ボール紙のふた&全体をシュリンク」したもの。

jrcp-toriterijyu
全景。器はスチロール製です。

jrcp-toriterijyu
jrcp-toriterijyu
4分の3がごはんゾーンでメインの鶏照焼きは4切れ。
ご飯(白飯)の量も多いですがこれも結構ボリュームあり。

jrcp-toriterijyu
鳥そぼろはキメが均一的で細かく"いかにも市販品"な感じ。
甘口なものが多い中で紅ショウガがアクセントになってます。

jrcp-toriterijyu
付け合わせは野菜煮物(椎茸・人参・フキ・里芋)とやはりキメが細かい
"いかにも(ry"なポテトサラダ。
このポテトサラダがカップにひっついて食べにくい…



【お値段】870円
【おすすめ度】★★★と半分
【タグ】
【製造業者】ジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区)
【備考】
東京駅『米'in』で購入。
評価は星3.5個。

以下むりやりコメント↓
地域性も独創性も無い、でも内容として破綻はしておらず。
よく言えば無難、悪く言えば印象に残らない無個性。
「新幹線の座席配置・定員を全て合わせ」ようとする親会社と同じ様な一品です。
ただし駅弁としては安価なお値段の割にボリュームもあるので、
ヘタに『駅弁屋』系でハズレをひいたりデパチカでお高いのを買うよりは
いいかなぁ。



さて、お店の情報も。
姉妹店でも人気の『テニススコート』が再入荷しました。
p4607
p4607
メーカー品では設定が無いBIGサイズ(W81・W100)もご用意。
国内のコスプレ衣装メーカーにて製造された本格派です。

お値段はW65¥6,750-、W81¥7,290-、W100¥7,830-です。
通販&詳細情報は『コスメイトアキバWeb』をご覧ください↓
http://cos-akiba.com/shopdetail/000000001329/
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●八幡平サーモンづくし
岩手県内陸の山中・八幡平市で養殖されている『八幡平サーモン』を
使った弁当。
製造は八幡平に抱かれた地元『道の駅 にしね』さん。

hachimantai-salmondukusi
駅弁風の掛け紙が掛けられます。

hachimantai-salmondukusi
入れ物はスチロール容器&透明プラのフタ。
一番奥の更に凹んだ場所が売り場だったため、あまり売れてなかった印象…

hachimantai-salmondukusi
サーモン&イクラで真っ赤っかな全景。

hachimantai-salmondukusi
hachimantai-salmondukusi
酢飯の上には錦糸玉子に『八幡平サーモン』(ニジマス)の"漬け"、
さらに小粒なイクラ(これも八幡平サーモンとのこと)が載ります。
厚さも程よく満足感アリ。

ちなみに『八幡平サーモン』は名前の通り八幡平の水を使って
3年間養殖されたニジマス。

hachimantai-salmondukusi
付け合わせは焼鮭(これも八幡平サーモン)、ほうれん草入り玉子焼き、
山ぶどうに漬けた長芋。
このあたりも手抜かり無しなのが好印象です。


【お値段】1250円
【おすすめ度】★★★★★
【タグ】《地産地消》
【製造業者】八幡平市産業振興(岩手県八幡平市)
【備考】
京王百貨店『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』で購入。
(なお前述のとおり駅弁カテゴリでなく『うまいもの』カテでの出展)

ごはんに敷き詰められた漬けサーモンは生臭さがなくGOOD。
(ネット上の書き込みをみると、一部で生臭いのがあった模様)
焼鮭もおいしいです。
漬けサーモンだけバラうりしてたらそれを買ってたかもしれません。

いくらが小粒なため食べづらいのが難点ですが、
それを差し引いても評価は星5つ。
残念なのは現地まで行って買うのが困難な点でしょうか。
(鉄道路線から離れた町&『道の駅』らしいので)



さて、お店の情報も。
欠品しておりましたシンプルな綿ショーツが再入荷しました。
gunze
gunze
今回はリボンつきタイプ¥1,080-が入荷です。
こちらもメーカー欠品が時々発生しており、
昔から販売してる無地のタイプは今月中の再入荷予定となってます。
なにとぞご容赦を。
こんにちは、担当の丁稚です。
社長黙認・上司公認の『駅弁』紹介のコーナー(とお店情報)です。


では、今回の一品↓
●山形牛牛めし弁当
山形県・米沢駅を拠点とする『松川弁当店』さんの駅弁。
yamagatagyu-gyumeshi
yamagatagyu-gyumeshi
掛け紙を器に輪ゴム留め。
ご当地ブランド牛で有名な『山形牛』のシールが光ります。

yamagatagyu-gyumeshi
yamagatagyu-gyumeshi
全景。入れ物はよくあるプラ容器。

yamagatagyu-gyumeshi
掛け紙にある通り、メインの牛肉はすき焼きにしてます。
グリンピースが散らされ甘辛く仕上げられておりご飯が進みます。

yamagatagyu-gyumeshi
しいたけ、人参、いんげんの煮物にカボチャ素揚げ、
きんぴらごぼう、白滝。

yamagatagyu-gyumeshi
付け合わせは玉子焼き、柚子が効いたなます、柴漬け。
甘いものがメインな中で、なますがいい感じに"切り替え"になってます。


【お値段】1200円
【おすすめ度】★★★★と半分
【タグ】《ブランド》《地産地消》
【製造業者】松川弁当店(山形県米沢市)
【備考】
東京駅『駅弁屋 祭』で購入。
山形牛ならでは!な部分は丁稚の貧しい舌ではなんとも判断しづらいですが、
(味も濃いので)食べた後に胃が痛くならない(もたれない)、
また口の中で脂っこさが残らないのでモノは良いのでしょう。

付け合わせも甘すぎず辛すぎず組合せがよいのがGOOD。
肉の量は多くありませんが、何より肉は肉でちゃんと推してる
=他の具材で水増ししてないのが好印象です。
評価は星4.5個。



さて、お店の情報も。
定番となっております『3段パニエ』が再入荷しました。
panie
panie
白・黒2色ございます。

panie

panie
スカートをキレイなラインで膨らませるマストアイテムです。
メイド服・ゴシック・ロリータ系にどうぞ。

フリーサイズ(S~LL相当)でお値段は¥3,800-
欠品時は再入荷・お取り寄せにお時間を頂戴します。